日産リーフ

急速充電ができる。世界で一番売れているEV。

三菱アイミーブ

初期からある、電気自動車

ホンダフィットEV

現在はリースのみ。

トヨタコムス

1人乗り電気自動車

電気自動車のメリット

出力制御が難しい原子力発電の普及によって増大した夜間の余剰電力を安価な深夜電力として利用でき、エネルギー費用が抑えられる(1km走行で電気代は深夜電力利用で約1円、非課税なら石油走行の10-15%、1km走行でガソリン代は約15円:燃費が10km / Lの場合)。
一般家庭の100V電源でも充電が可能であるため、ガソリンスタンドやエコ・ステーションなどの専用の補充設備なしでも運用が可能である。
内燃機関に比べエネルギー効率が数倍高い。
内燃機関、クラッチ、変速機などが不要で、パッケージングの制約が少ない。
モーター、二次電池を持つため、運動エネルギーを再び電力に変換して蓄える、いわゆる回生ブレーキが実現できる。
内燃機関特有のアイドリングが存在しないため、車両一時停止時も無駄なエネルギー消費がない。
電動機は駆動力と制動力の双方を生み出すため、電子制御で高性能のトラクションコントロールとABSを実現することが容易。
走行時のCO2やNOxの排出が無い。
部品点数が内燃機関車に比べ大幅に少なく、ASSY交換も容易で故障の際の修理コストも抑えられる。電池の価格さえ大幅に下がれば、ハイブリッドカーはもちろん、ガソリン車より安く作ることが可能。
電気自動車に蓄えられた膨大な電力は一般家庭2日分に相当し、停電が発生した際の緊急用の電源として用いることが可能である。
衝突時に爆発や炎上の原因になりやすいガソリンや軽油、LPGがない。
内燃機関は高度が高くなると大気圧の低下の影響を受け出力が低下するのに対し、高度の変動による影響を受けず一定の出力を保つことができる。

電気自動車充電スタンド情報
ここ充電
EVスポット
gogoEV

普通充電 200v
急速充電 Chademo

Chademo(チャデモ)協議会
http://www.chademo.com/wp/japan/

日産
日産・リーフ 2010年-
日産・プレジデントEV 1991年
日産・セドリックEV 1991年
日産・アベニールEV 1994年
日産・プレーリージョイEV 1997年(リチウムイオンバッテリー搭載)
日産・ルネッサEV(北米ではアルトラEV)1998年(リチウムイオンバッテリー搭載)
日産・ハイパーミニ 2000年(リチウムイオンバッテリー搭載)
たま電気自動車 1947年(東京電気自動車)
三菱自動車
三菱・i-MiEV
三菱・ミニキャブMiEV
三菱・ミニキャブMiEVトラック
ダイハツ[編集]
ダイハツ・ハイゼットEV
ダイハツ・アトレーEV
ダイハツ・フェローMAXEV
ダイハツ・DBC-1
スバル
スバル・サンバーEV
スバル・プラグインステラ
スバル・R1e (計画のみ)
光岡
光岡自動車・MC-1EV
光岡自動車・CONBOY-88
光岡・ライク(三菱・i MiEVベース)
ゼロスポーツ
ゼロスポーツ・ゼロEVエレクシードRS
ゼロスポーツ・ゼロEVセラビュー

トヨタ車体 コムス
マツダ・ボンゴEV
トヨタ・RAV4EV
ホンダ・EV Plus
ホンダ・フィットEV(北米向け、日本国内ではリース販売)
チョロQモーターズ・キューノ 2003年
トヨタ車体・コムス(トヨタ車体の小型EV)
タウンEVZeVe
アメリカ合衆国
テスラモーターズ
テスラ・ロードスター
テスラ・モデルS
ゼネラルモーターズ
EV1
シボレー・ボルト

その他
ACプロパルジオン
ウィーゴ・アイリー(英語版Wheego Whip)

ヨーロッパ諸国
オートイーブィジャパン株式会社・Girasole(ジラソーレ、イタリア)
CLEANOVA II Plus(フランス)
ヴェンチュリー・フェティッシュ/エクレクティック(フランス)
スコティッシュ・アヴィエーション・スキャンプ(スコットランド)
Modec(イギリス)
デトロイト・エレクトリック(オランダ)
ルノー・カングー Z.E.(フランス)
ルノー・フルエンス Z.E.(フランス)
アジア(日本以外)
タケオカ自動車工芸・REVA(インド)

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県